2009年5月6日水曜日

Hoobastank - My Turn - Official Video

NHK-BS1[MLBハイライト]エンディング曲がとても気持ちがよかったので、ご紹介。ビデオは無視して音だけ楽しんだほうが良いのが、がっかりですが、今マイベストの1曲。

Yesterday, I've learned from
Tomorrow is uncertain
So why can't I just make my turn today?

昨日わかったよ、明日のことはわかんないって。
じゃあ、なんで今日はオレの番にならねえんだよ?
(オレの番だろーが!オラーてめえ、場所変われ!)
ってラフな感じの歌詞がカッコイイ。

手ごわい交渉相手になる方法を学ぶべきだ。
こいつを無視したら、とんでもねーことになる、ってことを相手に思わせないとダメだ。なめられたらおしまい。自分の意見をはっきり言うとか、我が強いという評判になれば、不遜な扱いを受けにくくなる。なんでもかんでもペコペコしてこびへつらう「コメツキばった」の営業では、値切られ、叩かれ、ケツの毛までむしり取られてしまうだけだ。

 重要なことだけする、と宣言し、成功者になるぞ、と決めると、結構風当たりが強くなる。なぜなら、それは他人と群れることから決別することだからだ。だが、ヒーローは孤独なものだ。どのヒーローだって世間から冷たい視線で嘲笑され、バカが何やってんだ、って言われるものだ。それに負けちゃいけない。あなたのことを応援している人がいる。たった1人でもいるはずだ。誰もいないというのなら、僕があなたを応援しよう。一人で歩き始める道は険しく、厳しい道のりかもしれない。だが、最後に手にすることができるのは栄光だ。イチロー選手も王さんも張本さんもノムさんも落合さんも現役時代は皆孤独で厳しい顔してた。なぜなら、同僚と群れて、自分を甘やかすことなく、わが道を進む、他人がどう言おうと、結果を出して文句を言わせない、という厳しい道を歩む、と決めた人だからだ。

 日本で野球やってりゃそこそこ待遇だって良い。引退後だって球団が面倒みてくれる、って道を捨てMLBに渡って、苦労しながら肉食ってるバケモノみたいな巨体の選手たちにもまれて活躍している日本人プレイヤー達は、誰がなんといったってヒーローだ。

「いつになったらオレの番が来るんだよ!」なんて日常茶飯事。営業は売れなきゃダメ。社長はなんていったって儲けてなくちゃ意味がない。結果がすべてなんだ。そんな世界で、もまれているあなたもヒーローの資格がある。そんなチャレンジを楽しんでいこう!

YouTube営業法

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts with Thumbnails