2009年6月4日木曜日

●6月17日午前9時で終了します。!チラシ売上100億円、70の極意 パート1 前半分 20の極意

チラシ売上100億円、70の極意 パート1 前半20の極意

緊急公開価格525円●6月17日午前9時で終了しました。前半・後半あわせてこちらでご紹介しております。



チラシ100億円男に直接学ぶ「チラシ100億円を生み出した70の極意」パート1!
チラシ売上100億円を生み出した、そのチラシ制作を担当した「山下ようたろう」先生が自ら解説!

-◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆-

ゲスト講師:チラシ100億円男 こと 山下ようたろう 先生

[プロフィール]

大手広告代理店で、外資系生命保険、総合通販、大手物流企業、

大手銀行、公的機関、住宅ローン専門ノンバンク、精密機器メーカー

などのクライアントを担当。プロデューサー兼ディレクターとして、

ダイレクトマーケティングに関する企画立案から実施、成果検証を行う。



GISノウハウを駆使し新聞折り込みチラシ媒体を活用した日本最大の

ダイレクトマーケティングキャンペーンを指揮。



同代理店の新領域ビジネス開拓により2年間で100億円の新規売上を

もたらしたことなどにより、2005年~2007年に2回の同社社長褒賞受賞。



2008年7月に家族との時間を大切にするため同社を退職。

現在は「投資と子育て」の日々。 早稲田大学理工学部卒。

卒論は「人工知能のMPU設計への応用」。

-◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



ひと足お先にお聞きいただいた、仙台市の医師、佐藤様より嬉しい声が届きました。

後藤様

さっそく聞きました。感想です。



まずは自分の中にある、「伝えたいこと」をはっきりさせる。

「こんな人に使ってほしい」、「これでこんなふうに幸せになれる」を

自分の中で明確にして、それをチラシで表現する。

自分の思いがきちんと表現されたチラシができたら、見る人の中に

思いは伝わりますね。一種のアートでしょう。



その上で、それをきちんと支えるテクニックや、効果を測定してフィードバック

するといった「儲け」を導き出すためにやらなければならないこと、携帯電話、

ファックスのこと、コピーを作るコツとか、細かい技も参考になりました。



何より「チラシを作るぞ、うまくいくまでやるぞ」という気持ちになりました。

後藤さん、山下さん、ありがとうございます。



6月2日、佐藤和生

-◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

さらに認定補聴器技能者であり オオシマ補聴器センターの代表、大島社長さまからも嬉しい声を頂戴いたしましたので、ご紹介させていただきます。


後藤さん

お世話になります。

チラシ100億円男、特別対談インタビュー」感想です。



私にとっては、100億円の価値がありましたね。

言われてみれば納得。そういうことだったのかという、実践を重ねてきた人でなければ分からないことを、惜しげもなく教えていただいて本当に感謝です。



そして、お客様を真っ直ぐに見て、真摯に商売をなさっている姿勢も勉強になりました。

また、裏技、飛び技、隠し技等、さまざまなテクニックも教えていただきましたが、その中のどれか一つでも実践したらすごいことになるなあと感じました。



マーケティングも、依頼するほうも知識を持っていなければ、いくら天才的なマーケッターに依頼してもうまくいかないことも知りました。



1人で試行錯誤してチラシを作るのは大変です。

しかし、このインタビューを共有したアドバイザーに手伝ってもらえたら、何倍もの効果があげられると確信しました。



このあと、実際にお会いしてアドバイスいただけるチャンスがあることは、とても嬉しいニュースでした。

当日、アドバイスいただけることを楽しみに、私も勉強していきたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします。



大島厚志

-◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 佐藤様、大島様、本当にありがとうございます。皆様からの嬉しい声を励みに、これからも経営者、マーケッターの方々に本当に役立つ情報やノウハウを一生懸命提供します。そして「ダイレクト・マーケティングでスマート・リッチ層を多数輩出し、日本を不況に負けないマーケティング大国にする」という夢の実現に向けてまい進してゆく所存です。あなたのご協力、ご参加が無ければこれは実現できません。あなたを待っていますよ!


-◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

<パート1>の聞きどころ:

ズバリ2つのポイント、このポイントだけはおさえておきたい!

●きっちりと成果を上げるためのマーケティング基本的な姿勢

●チラシ100億円をたたき出した、裏技、とび技、隠し技



それだけではありません。
●形のないサービス(例えば、保険のようなもの)をいかにチラシで売るか?

●業界・商材にかかわらず、きっちり成果を上げるダイレクト・マーケティングの方法とは?

●成功するマーケティング、失敗するマーケティングとの差とは?

●電話番号を大きくすべきか、どうか。

●フリーダイヤルをすべきかすべきでないか?

●ケータイQRコードをチラシの載せるか載せないか?

●ケータイURLを入れるかどうか

●チラシ効率化の原則「面積●●●●●●」とは?





などなど聞き応え満載です。このオーディオ講座からあなたが売上の伸ばすヒントは20、いや、それ以上かもしれません。




<商品詳細>


●MP3音声ファイル22分

●ダウンロード形式

●緊急アップロードのため文字おこしテキストは付いていません。(6月末までにメールにて後送します)

●6月17日午前9時で販売終了しました。ご了解ください。


<20の極意内容詳細>

前半20の極意です。

これだけでも十分、他のダイレクトマーケティング商材よりも有益な情報、
聞いたすぐから使えるノウハウが満載です。





山下ようたろう先生の自己紹介からスタートします。



1、きっちりと成果を上げるためのマーケティング基本的な姿勢





●業界・商材にかかわらず、きっちり成果を上げる
 ダイレクト・マーケティングの方法

●成功するマーケティング、失敗するマーケティングとの差とは?

●一流ブランド企業でも失敗する、経営者、マーケッターの共通項とは?

●広告費用を積んでも、流通を押さえても失敗してしまう理由

●マーケッターが持つべき「幸せにする視点」とは?

●オリエンの在る無しが成功の成否を左右する?

●プロのマーケッターの持っている「質問力」とは?

●クライアントと「イメージと遭わない、違う」を回避するやり方

●プロの必殺技「オリエン返し」とは?


2、チラシ100億円をたたき出した、裏技、とび技、隠し技




●形のない商品、サービス(例えば保険のようなもの)をどうやってチラシで売るか。

●100億チラシのサイズは?

●100億チラシの紙の厚さは?

●チラシ制作でもっとも大事なこととは=見込み客に●●●●●

●100億チラシのレスポンスデバイスとは?

●100億チラシの電話番号はどう表現されたのか

●電話番号を大きくすべきか、どうか。

●100億チラシはフリーダイヤルをすべきかすべきでないか?

●100億チラシはケータイQRコードを載せる?載せない?

●100億チラシはケータイURLをどう取り扱ったか?

●チラシ効率化の原則「面積●●●●●●」とは?

●保険商品、消費者商品のメインターゲット層の方はインターネットに
 向いてる?向いてない?



など、チラシ100億円を実際に売り上げた方だから、わかる、使えるノウハウが満載です。


なお、この商品の売上の一部は難病フィスチュラに苦しむ200万人の女性を支援する「ハムリンフィスチュラジャパン」へ寄付されます。
あなたの暖かい手を差し伸べていただけるとうれしく存知ます。



----------------
緊急公開価格525円、もってけ泥棒の破格価格でのご紹介でしたが6月17日午前9時で販売終了しました。


はっきりいって、もってけ泥棒価格です。●6月17日午前9時で終了しました。ご了解ください。
なお、前半部分と後半部分をあわせて、こちらでご紹介しております。あわせてお楽しみください。

それでは。今日もお元気で!



追伸


なお、やました先生から直接、チラシ添削が受けられる勉強会を緊急開催。

詳細はこちらをご覧下さい→http://blog.dialogjapan.com/2009/06/618youtubeweb.html






YouTubeのチャンネル登録しよう

YouTube成功戦略

YouTube成功戦略


ダイアログジャパンブログをRSSで購読する



テクノラティ

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts with Thumbnails