2010年3月2日火曜日

イメージが残るタイトルが勝利の鍵

 どの民族にも特有のリズムがある。黒人音楽にはブルースがあるようにわが国野場合は昔から和歌(57577)、俳句(575)というようにリズムに親しみがある。だから5音、7音のタイトルや商品名をつけると「語呂がよい」「覚えやすい」と言われヒットするという。キンチョール、アンメルツ、アイポッドなど言いやすい。この書籍も「巻くだけダイエット」といい、音節でいうと7つである。和歌俳句のリズムに親しんだ我々にとっては、言いやすいタイトルである。だからヒットしているのかもしれない。

 あなたの商品、サービスがいまひとつ浸透しないと言うとき、もしかしたら諦めることはないのかもしれない。ちょっとした名称変更を行うだけで言いやすくなったからうれるようになった、ということもあるからだ。

 名称変更、社名変更で大ヒットもあるのが現実だ。いろんな手をうったものの今一つという場合、言いやすい名称、覚えやすい名称へと変わってみるといいかもしれないぞ。それでは今日もまた!
BlackBerry from DOCOMO

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts with Thumbnails