2010年5月18日火曜日

多治見市倫理法人会 泉さん講話


今朝の倫理法人会は、泉氏の講話。純粋、すなおな心が大事、というお話。ピンチのとき、商売がうまくいっていないときは、心が頑なになり、利を求めるだけの心となってしまう。囚われの心を捨て、地元のため、人のため、と切り替えたときに、瞬時に物事が変わる、ということをご紹介いただけました。

 天候不良などで注文がドタキャンとなっても「はい」と受け入れることで、信頼を得ている仕出し弁当屋さん、和裁を復活させたいという思いをもって仕事をはじめて、急成長しているミシン縫いの和装店さんなど、成功している会社、繁盛店を運営する経営者は皆例外なく素直な心の持ち主である、という話でした。

 最後に「不況を乗りきるための3つの秘訣」として
1、目的意識を明確にする、
2、自社商品に磨きをかける、
3、親との繋がりを強化する(親孝行)
を掲げておられたのがユニークでした。

心が変わると環境が変わり、運命も変わりますね。今日もありがとうございます。


それでは。今日もお元気で!

ダイアログジャパンのYouTubeチャンネルを登録しよう
ダイアログジャパンブログをRSSで購読する

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts with Thumbnails